在宅バイトについてのメリット・デメリット

在宅バイトの職種と勤務形態

今は外に出向かなくとも、家の中でも十分に仕事ができる時代です。

これまでは手作業の内職というイメージが強かった在宅バイトも近年は様変わりしています。

確かに封筒の糊付けのような仕事も存在しますが、メインはパソコンを使った入力作業です。

パソコンでの入力作業

簡単な文章の校正や音声の書き起こし、データの整理なども多く用意されています。

とはいえ個人で企業と直接受注するような形態は稀です。

多くはクラウドソーシングサービスに登録して業務をこなすことになります。

仕事には締め切りが必ず設定されている一方で、それさえ守れば好きな時間に進めることが可能です。

自分の知識や趣味を活かした在宅バイトも豊富ですから、上手に仕事を見つける能力も求められます。

在宅バイトのメリット

在宅バイトの利点は自由度の高さです。

時間や勤務地に縛られることなく自分のペースで進められます。

たとえ就職先が少ない地方であっても、インターネットを介せば都会と条件は同じです。

また通勤には時間と費用という両面のコストがかかってしまいます。

交通機関内でトラブルに見舞われるリスクも高く、そのストレスは軽視できません

在宅バイトならば通勤という非効率的なものを全てカットし、コストパフォーマンスを高められます。

また育児中のお母さんにとっても家の中で仕事ができることは魅力的です。

育児中のお母さん
外で働く人の中には託児所を利用する人も少なくありません。

その結果赤字となってしまうことも多く、在宅バイトの方が遥かに合理的といえます。

在宅バイトのデメリット

自宅で仕事をすることの難点は自己管理の難しさです。

自分で適切なスケジュールを組めるのならいいのですが、家庭内には注意してくれる人はいません。

自己管理の難しさ
そのため仕事が進まず期限を破ってしまう事例が多発しています。

それは信頼性の喪失に繋がり、仕事への悪影響は避けられません。

また近くに触発されるような人間がいないと漫然と仕事をするようになります。

惰性で作業を進めてもクオリティを高めることはできないでしょう。

常に自らを省みて、スキルを向上させていく積極性が要求されます。

さらに在宅バイトは会社勤めよりも遥かに不安定な立場に置かれているものです。

仕事を突然打ち切られることも珍しくないため、収入の安定性には欠けます。

そのため家で仕事をするならば複数を掛け持ちすることが当たり前となっています。

一般的な企業と比べると単価も安く、賃上げ交渉は自分で行わなければなりません。

キャリアアップには相当のスキルと経験が必要となりますから、適正を見極めることが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ