バイトに受かる面接の方法

目を引く履歴書の書き方

目を引く履歴書

履歴書はそのバイトに採用されて即戦力となるかどうかを見られています。

サービス業を志望するならサービス業をしていた経験は貴重です。

志望動機にも人と接する事が好きだというアピールを書くことは有効です。

事務のアルバイトをしたいのならばそれに関連する資格を持っていることは有利になります。

やりたいバイトと一見関係ない資格でも資格取得の為に勉強する姿勢を惜しまなかったということは真面目さや熱心さのアピールになります。

趣味は人と行う社交的なものか好まれるようです。

社会性がある事は有利になります。

また長所短所欄は見て自己アピールに使えます。

何でも熱心に取り組む事を長所として書いた場合、熱心過ぎて時間を忘れて没頭してしまう事があるというのは短所を書いているようで自分の長所をアピールする事に繋がります。

面接でよく聞かれる文言

どこの会社でも一番聞きたいのは自己PRと志望動機です。

面接の文言

自己PRがきちんと出来る人はコミュニケーション能力が優れていると思われます。

どのバイトでも上司、同僚やお客さんとのコミュニケーションは重視されます。

多くの長所がある人は能力のある人なので自己PRは大切です。

志望動機は真面目に働くつもりがあるかが重視されます。

熱意や前もってそのバイト先を調べておくような熱心さも見られます。

前職を辞めた理由もよく聞かれます。

職場を転々としていると新しいバイト先もすぐ退職するのではないかと思われがちです。

やむを得ない理由で退職したけれどそこのバイト先では頑張りたい事をアピールするのは大切です。

圧迫面接をして、大丈夫かとしつこく聞かれる事もありますがここでにこやかに受け流せる人は一緒に働いて働きやすい雰囲気の人だと判断されます。

採用されるためのアピール方法

これまで働いて来た経験が新しいバイト先でも役立つという事を積極的にアピールするのは良い事です。

もちろん仕事はどの職場の仕事でも違っていますが、似たところを抽出して出来る事が多いという主張は戦力になるという判断に繋がります。

特にリーダー的役割を担っていたことは良いポイントです。

アピールポイント

バイト先の面接では予想外の質問をされる事もありますがここでうまく答えられると機転が利く人だというプラスの評価になります。

前職の退職理由は、前のバイト先の悪口は好意的に捉えられません

職場で人員削減があった、家庭の事情で退職したけど今は解決したので十分働けるというのがアピールポイントです。

志望動機ではいかにその会社や店舗に好感を持っているかを言う事は好感を持たれます。

どんな仕事でも明るく気さくな性格という事は長所になります。

事務、経理でも雇用主は協調性がある人を求めています。

性格的な所だけでなくシフトの事は必ず聞かれるでしょう。

土日は働かない、夜間の勤務は嫌だとあまりわがままと捉えられる事ばかり言うと難色は示されます。

ある程度融通を利かせて答える余裕があると採用されやすくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ