24時間営業のコンビニで自分スタイルでバイト

h2>コンビニバイトの仕事内容と作業量

コンビニではどのような仕事をしてその作業量はどの程度なのでしょうか。

店長の指針にもよりますが基本的にはレジ打ちと品出しがメインの仕事となります。

レジ打ちがメインの仕事

どのような作業が中心になるかについては場所柄や入るシフトによってだいぶ異ってきます。

朝サラリーマンが出勤する時間帯やお昼の時間帯などは基本的にレジ打ちが中心となるでしょう。

深夜の時間は客数が少ないため基本的には品出しがメインの仕事となります。

どのくらいの作業量となるかは立地やオーナー、シフトなど複合的な要因にもよりますが、苦痛を感じるほど大変なノルマなどを課されることはないでしょう。

客がいるときはレジが基本で、いないときは品出ししたり商品を揃えたり、掃除をしたりすることになります。

期限が切れた商品はもらえるの?

陳列されていた賞味期限や消費期限が切れた商品を貰うことは出来るのでしょうか。

これは結論から言うとオーナーや店長の裁量次第になります。

コンビニには破棄商品を処分することとの規定がありこの規定の承諾をオーナーや店長は求められます。

商品をタダでもらう
そのため原則としては賞味期限が切れた商品などをアルバイトをしている従業員に渡すことは出来ないことになっています。

しかし、商品を破棄するにも少なからず経費が必要であり、手間もかかります。

せっかく仕入れた商品を無駄にしたくないとの気持ちもあるでしょう。

したがってオーナーや店長としては出来る限り商品を捨てたくないのです。

なのでオーナーや店長によっては融通を利かせて、内緒にするよう釘を刺された上でもらえるケースも少なくないようです。

原則は禁止なので採用面接のときに期限切れ商品を貰えるかどうかたずねても答えてくれないでしょう。

日中忙しい人は深夜勤務で割増賃金

昼間に忙しい大学生活を送っている人やアーティストや俳優や歌手、司法試験など大型資格受験生活には、コンビニの深夜勤務をおすすめいたします。

深夜の勤務に対しては割り増し賃金を支払いよう労働法上に規定があります。

夜の22時から翌朝の5時までについてはそれ以外の勤務時間より割り増しして支払わなければならないことが規定されています。

深夜勤務で割増賃金
この時間帯の勤務についてはそれ以外の時間帯に支払う賃金より1.25倍余分に払わなければならないとされています。

さらに深夜時間帯に勤務して残業になれば1.5倍の賃金を支払わなければならないことが規定されています。

深夜の勤務は品出しが「忙しいことが多いのですがオーナーや店長によっては品出し作業に見通しがつくのであるならば、仮眠をとるなどして休んでもいいとしている場合もあります。

深夜に働きながらも昼間に活動する時間も取ることが出来るかも知れません。

ただし、人間の身体は昼間に活動するように出来ているため、深夜の勤務は身体の負担となっている場合がありますので働き過ぎには注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ