派遣とアルバイトの違い

派遣バイトって何?派遣のしくみ

アルバイトというと働くところで採用されるということが多いですが、最近は派遣バイトという形で採用するところと働くところが違うという形が出てきています。

採用や管理自体は派遣会社が行います。

雇用形態

派遣会社が仕事を請け負ってその仕事をスタッフに割り振っていく形になります。

それぞれのスタッフは派遣先へと趣いて仕事をして、終了後に派遣会社から給料などが支払われるという形になります。

派遣では働く先と雇用されている先がわかれているという事に注意しましょう。

当然福利厚生なども派遣会社のものになりますからその点は派遣先で一緒に仕事をしている人と区別されることになります。

さらに派遣会社からの指示で仕事をするという形になるので誰から指示を受けるべきなのかを意識しておく必要があります。

派遣と直接雇用のメリット

派遣の場合は一社の仕事に限らすさまざまな仕事ができるという点がメリットといえます。

いろんな職種

若いうちにできるだけ多くの仕事をアルバイトで経験したいという場合には向いている働き方です。

もちろんある程度の期間一つのところで働くこともありますが、日替わりで仕事が変えられる場合もあります。

直接雇用の場合は基本的には仕事を変わるということがなく安定して働きやすいという点がメリットといえます。

一つの仕事でスキルを高めたい場合や慣れた仕事を効率的にこなしていきたいという方にお勧めの働き方です。

福利厚生などもその会社のものを利用できることがありますし、何かあった時の問い合わせや保障といった点は比較的わかりやすく安心できます。

日雇い派遣で注意したい6つのポイント

日雇いでの注意点
日雇い派遣はいろいろな仕事や会社での経験を積むことができる働き方ですが、注意しておきたいポイントが6つあります。

1つ目は働くうえでかかる費用です。

一見給料が高そうに見えても交通費が支給されない場合やユニフォームを自分でそろえなければならない場合などもあります。

2つ目は働く場所への向かい方です。

余りにも遠い場所では通勤時間がかかり結果的にそれほど稼げないという事もあるためです。

3つ目は自分のやりたい仕事を多く扱っている派遣会社を選ぶことです。

派遣会社にも傾向がありますからどういった分野に強いのかを調べておくとよいでしょう。

4つ目は資料をきちんと残しておくことです。

何かトラブルがあった際や税金の申告などで必要なことがあります。

自分で管理をする必要があるという事は意識しておきましょう。

5つ目はアルバイトとはいえきちんとした服装や態度で臨むことです。

短期での仕事ですからこうした点を意識しておくことが重要になります。

6つ目は自分で自分を守ることを意識することです。

こうした点に注意して自分らしい働き方を実現していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ