テレアポバイトでコミュニケーションスキルを身につける

インセンティブ有り!高時給バイト

テレアポのバイトというと、一般的に時給が高いというイメージがあると思います。

しかし、それだけではなくインセンティブが支給される職場も多く存在します。

インセンティブ
高時給なうえにインセンティブまでつくとなると俄然やる気も湧いてくるというものです。

肝心の仕事内容は、お客様に電話をかけて新しいサービスのご案内などをするものです。

電話の時点で契約までするものや訪問アポイントをとるものなど仕事内容は色々ですが、共通しているのは電話で商品の内容や特長を正確に伝え、その商品のメリットを十分に感じてもらうということです。

対面ではありませんから身振り手振りはもちろん使えず、自分の言葉だけを武器に営業することになります。

その点にテレアポの難しさがありますが、そこがやりがいでもあります。

突然かかってきた電話に初めは迷惑そうだったお客様から「ありがとう」の言葉を頂けた時にはテレアポ冥利に尽きます。

要件は10秒で!テレアポのテクニック

テレアポで必要とされるテクニックのひとつに、電話が繋がって10秒で相手に要件を伝える、というものがあります。

10秒テクニック
テレアポの電話を受けた側が「この電話を待っていました!」という状況は皆無です。

たいていの人が「ちっ、テレアポの電話か、出るんじゃなかった」とでも言いたげです。

いかに早くこの電話を切り上げるかということしか頭にない相手に、これから数分間、場合によっては数十分間お付き合い頂きたいわけですから、手短かつインパクトを持って要件を伝えなければなりません。

最初の10秒でほんの少しでも興味を持ってもらえれば、また少し会話が続けられます。

それでも途中で切られてしまうことが多いとは思いますが、的確に要件を伝え徐々に詳細を小出しにしていくことで持ち時間を少しずつ延長していくようなイメージです。

そうして相手を自分のペースに引き込んでいくわけですが、そこに繋げるための最初の一歩が「最初の10秒」なのです。

避けて通れないクレーム対応

テレアポの仕事をしているといつか必ず遭遇するのがクレームです。

テレアポの電話をかけるのに事前に「〇日にお電話しますね」といった約束をすることは基本的にありませんから、突然お客様のお宅に電話を架けることになります。

当然ながら、電話を架けたお宅がどのような状況なのかを知る術はありません。

たまたま他の会社からの営業電話などが重なっていてイライラしている人もいれば、冠婚葬祭の真っ最中でテレアポの相手をしている暇なんてないという人もいます。

体調が悪く休んでいる人に架けてしまうこともあります。

こうした状況ではクレームが発生してしまうことも少なくありませんが、まず心から謝罪することが大切です。

クレームに対して謝罪

会社から架けるように言われて架けただけだから自分は悪くない、という考えではテレアポは務まりません。

どのような事情であれ、突然電話を架けて不快な思いをさせてしまったということは事実です。

誠意を持って対応してもなかなか納得してもらえない場合には上司に相談できる体制になっていることがほとんどだと思いますから、遠慮せずに他の人の力も借りましょう。

そのうちに、だんだんと自分でも対応できるようになり自信がつきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ